痩せる食品と糖尿病

痩せる食品ともいえる低GI食品は糖尿病予防や改善に良く使われています。痩せると言われる低GI食品がなぜ糖尿病の患者に利用されているのかを調べてみました。

 

糖尿病になると、食事によって上がった血糖値がなかなか下がらずに、高血糖の状態が続くという症状になります。血糖値が上がるのは、食事で得た糖が体内に取り込まれるためです。

 

その後、インシュリンの働きで血液中の糖は形を変えて体内で使われ、血糖値はもともとの値に戻るというのが健康な体です。高血糖の症状が続くと高血圧になったり、血液がどろどろの状態になり詰まりやすくなります。

 

どろどろ血が詰まりやすくなると、動脈硬化や心筋梗塞などの原因になります。感染症のリスクが高くなったり、痩せることが困難になるということも起きます。

 

糖尿病になると重篤な病気になりやすくなる為、予防や改善が進められているわけです。糖尿病の予防や改善に役立つ食品として、多くの人が低GI食品を利用しているそうです。

 

糖尿病の患者にとって避けたい事は血糖値が急に高くなってしまうことなので、低GIの食品を利用して、血糖値が急激に上がらないようにしているのです。

 

よく耳にする話では、糖尿病は、太っている人はなりやすいというものです。一概に太っているので糖尿病になるという単純な話ではありませんが、肥満が糖尿病の引き金になることは事実なのです。

 

痩せる食品である低GI食品を活用するなどして、体重の調節を心がけることが大事になってきます。