心筋梗塞エントリー一覧

心筋梗塞が原因で起こる合併症って?

心筋梗塞が原因で起こる合併症には注意したいものです。心筋梗塞は、心筋梗塞という病気だけでも命にかかわる怖いものですが、心筋梗塞が原因で起こる合併症もとても危険です。心筋梗塞に伴って起こる合併症の症状には、不整脈や心臓破裂、うっ血性心不全や心原性ショックなどがあります。この合併症の中でも不整脈は、心筋...

続きを読む

心筋梗塞は薬で治療できる?

心筋梗塞は薬で治療することがあります。心筋梗塞は、冠動脈が閉塞してしまうことで起こる病気のため、冠動脈が閉塞してしまわないように、冠動脈内の血栓を溶かす薬物を使用することがあるのです。また、血栓の再発防止のために薬を使用して治療することもあるでしょう。心筋梗塞の治療で使用される薬の中で、血栓を溶かす...

続きを読む

心筋梗塞の手術の種類

心筋梗塞の手術には、カテーテルを使った冠動脈の形成術と、開胸による冠動脈バイパス手術があります。カテーテルを使った冠動脈の形成術は、足の付け根の血管などからカテーテルを入れ、冠動脈の入り口あたりの血管を広げる手術です。このカテーテルを使った冠動脈の形成術では、バルーンとステントと呼ばれる金属製の網の...

続きを読む

心筋梗塞の死亡率はどのくらい?

心筋梗塞は死亡率の高い怖い病気です。心筋梗塞の死亡率は、平均で20〜40%と言われています。心筋梗塞は冠動脈に血栓が詰まり、血流が途絶えることによって、心臓の筋肉に栄養が運ばれなくなってしまうため、心臓が壊死してしまい、死を招くと考えられています。また、心筋梗塞は、心筋梗塞直後に高い確率で不整脈を発...

続きを読む

どういう人が心筋梗塞になりやすい?

心筋梗塞になりやすい人の条件はいくつかあります。心筋梗塞は、体質的に高血圧の方や糖尿病の方、高脂血症の方や不整脈の方、低体温の方などに発症しやすい病気です。特に、糖尿病の方は、動脈硬化が促進されるため、血栓ができる可能性が高く、心筋梗塞になる危険度も高いと考えられています。また、高血圧の方も動脈硬化...

続きを読む

心筋梗塞と狭心症との違いは?

心筋梗塞と狭心症の違いは、血管が詰まるかどうかということです。心筋梗塞も狭心症も、心臓の冠動脈という心臓に栄養を運ぶ血管の異常です。心筋梗塞の場合は、この心臓の冠動脈が詰まり、血液が流れなくなります。血管が詰まることで、突然、強い胸痛に襲われ、痛む時間も30分以上と長いことが心筋梗塞の特徴です。また...

続きを読む