人気の糖尿病食事レシピ

食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法

藤城博

私が藤城式食事レシピを行う前の数値は、血糖値が326、ヘモグロビンA1cが7.9、中性脂肪が364でした。体重は82キロです。私はここで藤城式食事レシピをローテーションさせることにしました。医師は血糖値より、ヘモグロビンA1cを重視しています。このローテーションを1ヶ月続けました。その結果、血糖値が109、ヘモグロビンA1cが6.2、中性脂肪が80、体重72キロです。薬は飲まなくてよくなりました。

>>詳細はこちら

インスリンも薬もやめられた画期的な食事法

荒木裕

11月に担当医で再検査へ行ったところ、即入院を命ぜ られました。その時は、血糖値262、ヘモグロビンA1c11.4で、現在は血糖値114、ヘモグロビンA1c6.6となっ てます。頭をドンキーでたたかれたような衝撃を覚えました。それは、私自体常識という多数決で多いものが良いとする中にどっぷ りとつかっているから 初めから非常識のオンパレードな内容です。荒木式の食事レシピを手に入れ心から感謝しています。

>>詳細はこちら

李先生の自宅でできる糖尿病改善プログラム

李昇

この食事レシピを実践してたったの1週間後。ずっと苦しんでいた耳鳴りやだるさが改善されていたのです。そして病院で血糖値を測ると、1週間前まで255だった血糖値が93まで下がっていたのです。本人や主治医もびっくりし、測定器の故障ではないかと もう一台の機械で測定しなおしたほどです。糖尿病の対処法として「薬の服用」「食事制限」「運動」、この3点が一般的ですが効果はいかほどでしょうか?

>>詳細はこちら

女性のための14日間集中!糖尿病・通信講座

続木和子

娘がネットを見て、「女性のための糖尿病講座があるよ」と教えてくれました。「女性のための14日間集中!糖尿病・通信講座」を始めて、どうして私が、閉経後糖尿病が起きたのか、よくわかりました。最初220 mg だった血糖値が、半月後の検査では120mg 、ヘモグロビンA1cは、9.3から7.2に下がっていました。疲れなくなって、民生委員の仕事も又、できるようになりました。

>>詳細はこちら

糖尿病の治療方法とは?

糖尿病の治療法には大きく分けて3つあります。食事療法、運動療法、薬物療法です。糖尿病がまだ軽症であれば、運動療法と薬物療法で充分血糖値をコントロールすることができるでしょう。治療方法は糖尿病を発症した原因や個々の状態によって変わってきます。薬物療法が必要になってくるのは、T型糖尿病の人、食事療法と運動療法で効果が現れない場合です。薬物療法は血糖値を下げる血糖降下剤を服薬するのが一般的でしょう。インスリンが分泌されていない人や分泌が低下している人には、インスリン注射を行います。では、食事療法とは、一体どういうものなのでしょうか?糖尿病や糖尿病予備軍と診断された場合には、現在の食事レシピを見直す必要があります。暴飲暴食を避けるのは当然のことですが、糖分や栄養を摂りすぎないように、一日の総カロリーを抑えます。栄養バランスが偏っているのであれば、できるだけ偏らないように注意します。総摂取カロリーは、体格や体重、運動量によって変化しますから、医師と相談しましょう。基本的には、1600Kcal以下で食事のレシピを見直さなくてはいけません。次に運動療法ですが、運動するということは血糖値を下げるためにも大切なことです。糖尿病になる原因の一つに運動不足があげられます。しかし、いきなり過度の運動することは望ましくありません。5分程度のウォーキングといった簡単なものから徐々に運動量をあげていきます。病院では食事療法や運動療法についても指導を行っていますから、何かわからないことがあれば、質問してみるといいですね。

糖尿病を予防するには?

糖尿病に一度かかると、完治は難しいといわれています。糖尿病自体はそれほど恐ろしい病気ではありませんが、様々な合併症を引き起こします。その合併症には命に関わるものも少なくありません。糖尿病は遺伝の要因も多いといわれていますが、誰でもかかりうる病気です。日頃から糖尿病にならないように食事レシピに気を付ける必要があります。それでは、糖尿病を予防するには、どういったことに気を付けるべきなのでしょうか?まず、肥満は万病の元といわれるように、肥満にならないように気を付けなければなりません。常に体重をチェックするようにしましょう。自分の身長・体重からBMI(22が病気が少ない)を出してみてください。自分の適正体重を知ることも重要です。そして、血糖値を上げすぎないためには、食べ過ぎないようにしなければなりません。ただ単に食べないだけでは良くありませんから、バランスの良い食事を適正量摂れるレシピが大切なのです。ポイントは緑黄色野菜を先に食べる、早食いをしない(良く噛んで食べる)、規則正しく食べる、甘いものや脂肪分の多い食べ物は避けるようにするなどです。もう一つは運動です。運動することにより、糖分はエネルギーとして消費され、血糖値の上昇を抑えることができます。また、運動して筋力を付けることにより、基礎代謝量が増えていきます。糖尿病を予防する上で、食事と運動はとても大切なのです。食事レシピを見直す必要があります。

糖尿病とサプリメント

決して少なくないのは、糖尿病を患っている人の中で薬ではなくサプリメントなどで症状を改善できればいいと願っている人たちです。実際に、糖尿病は日本人の現代病と1つとも言われています。糖尿病の原因は主に生活習慣に由来しているので、別名生活習慣病とも呼ばれています。実際糖尿病になりかけている予備軍の人達も大勢いますし、糖尿病の患者数は年々増加し続けているそうです。膵臓から分泌されるインシュリンの働きが正常ではなくなり、血糖値が高くなることから始まるのが、一般的な糖尿病です。血管などに負担をかけ、さまざまな病気の引き金にもなるのが、常に高血糖でいることです。まずは予防する事がとても重要になります。このような背景もあってか、次々と血糖値の状態を改善する成分が配合されたサプリメントが販売されている今日この頃です。血糖値を改善するものは、とても人気のある商品です。サプリメントの中でも特に血糖値が高めの人には、お茶やドリンクタイプのものがよく売れています。長期間欠かさずサプリメントを飲み続けている人もいるそうです。糖尿病を治療する効果は、サプリメントは薬ではないのでないといえるでしょう。糖尿病ではないけれど、普段の食事レシピに気を付けるように医師から言われている人にとっては、サプリメントも含めて何とかこれ以上悪化しないようにいろいろ試してみるのもいいかも知れません。

 

 

糖尿病に役立つ成分とサプリメントについて

糖尿病に役立つ成分とサプリメントについてです。日本でもすっかり定着したサプリメントです。とても人気が出ているのは、特に糖尿病の改善に役立つとされる成分が入っているサプリメントだといいます。人気のサプリメントの中でも糖尿病や血糖値が気なる人におすすめのサプリメントには、いくつかの種類があります。かなり高額なケースも、サプリメントの商品によってはあるそうです。お茶由来のドリンクタイプのサプリメントが、一般的には糖尿病に役立つ成分を効率良くサプリメントで摂取するなら、よく目にするのではないでしょうか?糖尿病に良いサプリメントの中には、製造販売を大手の食品メーカーがしているものもあります。もし飲んでみたいサプリメントがあれば、サンプルを試してみましょう。特にトクホマークのついたサプリメントはある程度の効果が実証されているサプリメント商品でもあるのでおすすめです。ただし正常に血糖値を保つ効果が期待できるサプリメントは薬ではないのです。サプリメントは補助的な役割なので糖尿病を完治させるわけではありません。血糖値が少し高めと言うぐらいの人の場合は、悪化を防ぐ効果が一定期間飲み続けることであったということもあるそうです。糖尿病の改善の第一条件は、生活習慣や食事レシピを見直すことです。けっして糖尿病と診断された人がサプリメントだけで治療することはありません。あくまでも糖尿病になりそうな生活を改めてサプリメントを併用することで、血糖値が安定する効果が出てくるといったサプリメント商品がほとんどのようです。

 

 

糖尿病のサプリメントの注意点

宣伝で血糖値が気になる方へとされているサプリメントは非常に人気の高い商品だといいます。サプリメントを積極的に利用している場合が多いのは、特に糖尿病を患っている人で、少しでも症状改善させる効果があるのではと思ってのことです。ただしサプリメントは薬ではなく食品です。薬とはしっかりと臨床試験をして効果を実証されたものであり、医学的な観点からみると立場の異なるものがサプリメントです。大切なことは、糖尿病がサプリメントだけで完治するような劇的な改善効果はまず期待できないと言うことを念頭に置いて、サプリメントを活用することなのです。糖尿病は特に放置しておくと血管をもろくして、健康障害をさまざま起こす病気だともいえるでしょう。定期健診をやめたり、医師から処方された薬を飲まなかったり、糖尿病の改善に役立つサプリメントがあるからといってするようでは無意味です。薬をやめたら悪化させるだけなので、あくまでも補助的な効果を目的にサプリメントもうまく生活に取り入れていくようにしましょう。人によって差があるのが、糖尿病や高血糖になる原因です。主に偏った食生活が原因の場合は食事レシピの内容を見直さなくてはなりません。ほとんど改善効果は、どんなに血糖値に作用する成分をサプリメントを利用して飲んでも、期待できないといえるでしょう。糖尿病は一度なってしまうと後の治療が長期になることも多いので、予防を目的としてサプリメントを上手に取り入れていくことが大切です。